映画おかあさんといっしょ。
T.M.Revolution西川貴教さんの出演が決定です!

でもミュージシャンなのにどうして?
映画の設定からして、どう出るの?
ちょっと解説&推測してみましょう。

おかあさんといっしょが初の映画化

人気番組おかあさんといっしょ。
初の映画が2018年9月7日(金)に公開です。

映画にはレギュラーのお兄さんお姉さんのほか、
人形劇ガラピコぷ〜のアニメ版が上映されます。

今回西川さんがキャスティングされたのが、
このアニメ部分になります。

西川貴教はおかあさんといっしょの声優

人形劇ガラピコぷ〜は、
ロボットのガラピコ
ウサギのチョロミー
オオカミのムームー
この3人の仲良しコンビのお話です。

その中にでてくる「スキッパー」の声を
西川貴教さんが務めています。

スキッパーはアヒルのお兄さん。
宇宙宅急便「グースー急便」の配達員です。

慌てん坊で、しょっちゅう荷物を落としています。
でも悪役にイジメられても必死に荷物を守る、
熱くて優しい心の持ち主です。

ときどきその美声を生かし、歌も歌います。
スキッパーさんの歌う回は圧巻です。

ちなみに他のサブキャラクターでは、
朝ドラひよっこのタカコさん役であり、
ライザップで激ヤセした佐藤仁美さんもいます。

ガラピコぷ〜の前の人形劇はポコポッテイトでした。
今でもhuluからなら見られます。

スポンサーリンク

スキッパーが映画に出演、なぜ?

今回の映画で通常のテレビとは違い、
ガラピコぷ〜はアニメになります。

そして3人はいつもの「しずく星」ではなく、
他の惑星に遊びにいくストーリーです。

そのため、レギュラーキャラクターは、
なかなか登場しにくいと思われます。

ところが、スキッパーさんは配達員。
しかも惑星をまたいで荷物を運びます。
そのため3人が遊びに行った惑星に来ても、
ストーリー上の不思議はありません

「3人ともどうしたんだい?ボクは配達でね」
で済むわけです。

映画に出演させやすいキャラクターなのです。

スポンサーリンク

西川貴教も喜びのコメント

西川貴教さん本人からも出演決定で、
喜びのコメントが発表されています。

まとめ

おかあさんといっしょを日常的に
見ていない人にとっては、
「なんで?」と思った人も多いはず。

また見ている人でも、
「どうしてスキッパーだけ?」
と思った人もいるかもしれませんね。

豪華な出演者が決まったことで、
ますます盛り上がりそうです。

特典付き前売り券の発売も始まっています。
イオンシネマなどの上映館と、
前売り券サイトメイジャーで発売中です。

スポンサーリンク

おすすめの記事