おかあさんといっしょ、あのガラピコが久しぶりに冠コーナーを持つことになりました!
その名も「ガラピコにんじゃしゅぎょう」

どんなコーナーなんでしょうか?

スポンサーリンク

「すりかえかめん」が「ガラピコにんじゃしゅぎょう」に

今回新コーナー「ガラピコにんじゃしゅぎょう」が始まったのは火曜日の枠
もともと「すりかえかめん」があった枠です。

でもすりかえかめんは担当していたのは、よしお兄さんとりさお姉さん。
絵の一部をすりかえてクイズを出すという長寿の人気コーナーでしたが、二人の卒業に伴い3月末で終了。
すりかえかめんとすりかえおじょうは「すりかえの旅」に行ってしまいました…。
(関連記事→「よしお兄さんりさお姉さん卒業、すりかえかめんが最終回!」)

そしてその枠に入ったのが、まさかのガラピコメインのコーナーです!

ガラピコパズル以来のガラピコのコーナー

ガラピコといえば、人形劇ガラピコぷ〜の主要メンバー。
遠い星からロケットに乗って、しずく星に到着(墜落)したロボットです。

昨年はチョロミーはプリンセス・ミミィ、ムームーはシルエットはかせのコーナーを手伝っているので、ガラピコはコーナーがありませんでした。

ガラピコも以前はよしお兄さんといっしょに「ガラピコパズル」というコーナーを持っていましたが、2018年春にプリンセスミミィが始まったために、終わってしまっていました。

2019年春に久々の冠コーナーが誕生です!

スポンサーリンク



スポンサーリンク

ガラピコにんじゃしゅぎょうとは?初回の放送内容は?

コーナーの中身は、ごっこ遊び
まこと忍者とあづき忍者がお手伝いをしてくれます。

忍者といえば忍者走り、手裏剣、隠れみの術など、子どもがくいつく様々な技を持っていますよね。
そこから発想されたのでしょう。

全員参加型ではなく、スタジオ収録に参加した子どもの中から一人が選ばれ、修行をします。
パント!と同じように、少人数の子どもだけが参加するコーナーですね。

初回の放送は「川渡り」。

プロテクターを着けたこども忍者が、あづき忍者と一緒に川を模した布が上がった瞬間に反対側に渡りました。
そして次はその布の川を上っていき、ガラピコにタッチ。

初回の放送は川でしたが、ごっこ遊びは動物のものまねなど本当に幅広いし、体も頭も使えて子どもも大好きなので、おかあさんといっしょのコーナーとしてはぴったりですね!

ガラピコはこれまでも、ガラピコぷ〜の中で忍者の真似をすることがありました。
“忍者はかっこいい”と憧れていましたね。
それがまさコーナーに昇格するなんて……相当気持ちが強かったのでしょう(笑)

個人的にはコーナーのオープニングアニメのガラピコが俊敏でお気に入りです!

まとめ

おかあさんといっしょ、2019年度は色々とコーナーの変化もありましたね。
月曜から土曜まで変化が盛りだくさんです。
(関連記事→「2019年度曜日別コーナー・変更点まとめ」)

まことお兄さんとあづきお姉さんが就任して、新しい体操「からだダンダン」も始まりました!
(関連記事→「からだダンダンがスタート!どんな体操?」)
そして4人のはっちゃけのつきうたが楽しい!
(関連記事→「そいそい!にハマる!ミライクルクル」)

これからも何が起こるのか、楽しみですね!

スポンサーリンク

おすすめの記事