新コーナー「へんてこライオン」古田新太さんも おかあさんといっしょ

NHKおかあさんといっしょ、2018年4月から新コーナーが始まりました!
毎日放送されていたアニメ「ともだち8人」に代わり「へんてこライオン」がスタート。

あれ?ナレーションの声に聞き覚えが…
いったいどんなお話なのでしょうか?


スポンサーリンク

へんてこライオンの曜日は?ともだち8人はどうなる?

へんてこライオンは毎週月曜放送

他の曜日は、同じ時間枠に今まで通り生活習慣コーナーなどが放送されています。
(→2018年度曜日別コーナーまとめ

代わりに2017年度に毎日放送されていたアニメ「ともだち8人」が平日は終了
「ともだち8人」は8人の性格の違う子どもが登場し遊んだりケンカしたり。
ほっこりしながら「なるほど」と思うことも多い、いいアニメーションでした。

でも消滅したわけではありません!
毎日の放送から土曜日オンリーになりました。
一日だけでも残って一安心ですね。

※2019年春の改編で、
へんてこライオン→土曜日、ともだち8人→終了
となりましたので注意してください!
(関連→「2019年度おかあさんといっしょ曜日別コーナーまとめ」)

へんてこライオンとは?作者は誰?

2018年4月2日から始まった「へんてこライオン」というアニメ。

実はこのアニメ、もともとは
絵本
なんです。

しかも有名な。

作・絵は長新太(ちょう・しんた)さん。
1927年生まれで、2005年に77歳で亡くなられています。

へんてこライオンは長先生が読み聞かせの雑誌(すでに休刊)で10年以上にわたり連載していた作品で、これまでに8つものシリーズになっています。

親世代はもちろん、保育園や幼稚園で読んだことのある子どもも多いかもしれません。

長先生といえば「ナンセンス」で有名。
話の展開が面白く、子どもも大人も夢中になってしまう本ばかり。
発想力がともかく素晴らしいです。

スポンサーリンク

へんてこライオンの声・ナレーションに古田新太

へんてこライオンのナレーション、「聞いたことある声だな」と思った人も多いはず。
なんと俳優の古田新太さんです!

びっくり。

味のある声で妙にしっくりきますね。

アニメーションはアニメーターの堀口忠彦さんが担当されています。

へんてこライオンのストーリーとは?

へんてこライオンの主人公は、もちろんライオン
いろんなものに変身できる、ちょっと変わったライオンです。

動物、食べ物、乗り物、何にでもなります。
初回の放送では特急列車に変身していましたね。

絵本で登場していたしんくんとゆうちゃんはアニメでも登場。
へんてこなライオンと絶妙なかけあいをします。

ライオンは予想できないようなものに次々と変身するので、いい意味で期待を裏切られます。
大人も楽しめる、おもしろおかしいお話です。
独特の絵と色使いなので、子どもの目も引きます。

絵本は大人気で、親から子へ読み継がれています。
気になった方は一度手に取られてみてくださいね。
(↓以下画像がリンクになっています)

しんくんとへんてこライオン (おひさまのほん) こんにちは!へんてこライオン (おひさまのほん) ゆうちゃんとしんくんとへんてこライオン (おひさまのほん)

まとめ

2018年度の新しいアニメは、まさかの絵本からでした。
へんてこライオンは幼いころから馴染みのある人も多いかもしれませんね。

さて、今週は何に変身するのでしょうか♪

スポンサーリンク

おすすめの記事