NHKいないいないばあっ!久しぶりの新曲です。
あの有名なまど・みちおさんの詩に、オリジナルの曲がつきました!

でもこのコラボ、実は初めてじゃないんです。

まど・みちおさんとは?

まど・みちおさんは超有名な詩人

教科書に取り上げられることも多いので、日本人の大多数は名前は知っているかもしれません。

「やぎさんゆうびん」「ぞうさん」「ふしぎなポケット」「ドロップスのうた」などたくさんの童謡も作詞されており、今の子どもも名前は知らなくても馴染みがあるはずです。

2014年に亡くなられていますが、多くの作品が読み歌い継がれています。

まど・みちおの「うさぎさんがきてね」とは?曲は?

「うさぎさんがきてね」はまどさんの作詞。

簡単なストーリーは、うさぎに「名前をつけて」と頼まれ、つけてあげると喜ばれた。
すずめにも「名前をつけて」と頼まれ、つけてあげると喜ばれたというもの。

一見するととても単純ですが、私たちそれぞれがつけてもらった大切な名前。
その名前で呼ばれることがどんなに嬉しいことかということを表現したとされています。

覚えやすく耳にすんなりと入ってくる、まどさんの詩とリズムが心地良いです。

富田勲さん作曲の歌で、子どもの頃に歌った方もいるかもしれません。
今回は富田さんの曲とは別のオリジナルです。

スポンサーリンク

まど・みちお企画はいないいないばあっ!で2回目?

まど・みちおさんの詩にオリジナル曲をつけるという企画、実は2回目

1回目は「くまさん」

2018年3月に放送され、その後もちょくちょく放送されていました。
冬眠から覚めたクマが自分がクマであることに気づき、安心するというストーリー。
春先の歌だからか、夏前からは放送されていませんでした。
(→「まど・みちおのくまさんがいないいないばあっ!に登場」)

今回は同様の企画の第2弾。

くまさんと同じく、オリジナル曲を担当したのは山下真木子さん
いないいないばあっでは「まねね まねね」などを担当されています。

ゆったりとした曲調だったくまさんとは違い、弦楽器と太鼓のリズムでポップな曲になっています。

アニメーションも前回と同じく西内としおさん
名前をもらってぴょんぴょん跳ねるうさぎとスズメがかわいらしいアニメです。

放送予定は以下の通りです。

放送日:2018年7月2日(月)〜6日(金)
    7月23日(月)〜27日(金)
    8月20日(月)〜24日(金)

うさぎさんがきてねの詩・歌詞は?

『うさぎさんがきてね』
作詞:まど・みちお
作曲:山下真木子

うさぎさんが きてね
おなまえ つけてと
いいました
ピョンタちゃんと つけたら
ピョンと はねて
うふんと わらって いきました

すずめさんが きてね
おなまえ つけてと
いいました
チュンコちゃんと つけたら
チュンと ないて
うふんと わらって いきました

まとめ

まどさんの詩は小さな子どもも口ずさみやすい、やさしい言葉でできています。
オリジナルの曲がつくことで、また雰囲気も変わってきますね。

曲の配信も始まるので、気に入った方はチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク

おすすめの記事