NHKおかあさんといっしょ。
5月のつきのうた「いるよ」
制作担当は驚きの豪華メンバー!
おしゃれでとても心地よい曲です。

おかあさんといっしょ月の歌とは?

月の歌は、毎月変わるテーマソングのようなもの。
ほぼ毎回の放送で流れます。
季節やイベントに合わせた歌も多いです。

ブームとなったおまめ戦隊ビビンビ〜ンも、
ここから生まれています。

2017年度・2018年度の歌はこちらです。
(→「2018年〜2019年 月の歌まとめ」
(→「2017年〜2018年 月の歌まとめ」

5月の月の歌は「いるよ」

2018年5月のつきのうたは5月7日より放映。
「いるよ」という曲です。

歌詞とギター演奏が心地よく、
子どもだけでなく大人もハマる、
ずっと聞いていたくなる曲です。

ビデオクリップはアニメーションのみで、
お兄さんお姉さんは出演ありません。

ただ今回の曲は、
作詞:谷川俊太郎
作曲:細野晴臣
編曲:高田漣
という超豪華メンバーが担当!
これにはびっくりした人も多いはずです。

スポンサーリンク

谷川俊太郎作詞「いるよ」

谷川俊太郎さんは、詩人
1931年生まれで、86歳を超えています。

代表作「二十億光年の孤独」は、
教科書にも取り上げられることが多く、
知っている人も多いはずです。

絵本や翻訳、対談なども出版されていて、
本当の本当に超有名人です。

そしてなんとツイッターもされています。
現在地は太陽系第三惑星だそうです。
(→谷川俊太郎Twitter

その谷川さんのつきの歌。

月や太陽そして友達。
子どものそばに寄り添う存在に、
ハッと気づかせてくれる。
キレイで、心にするりと入ってくる、
とても印象的な歌詞です。

細野晴臣作曲「いるよ」

こちらも超有名人、細野晴臣さん
日本を代表するミュージシャンで、
現在は京都精華大の客員教授もされています。


かつては高橋幸宏さん、坂本龍一さんらと、
イエロー・マジック・オーケストラを組んでいたことも。
その後は松田聖子さんや中森明菜さんらへの楽興提供、
映画音楽、ドラマ音楽など、幅広く活躍。
ベーシストとしても知られています。

ちなみの細野さんのおじいさんは、
タイタニック号から生還した奇跡の人です。

70歳過ぎてなお精力的に活動されており、
「おげんさんといっしょ」にも出演されています。

いるよの編曲は高田漣さん

編曲は高田漣さん
こちらも超有名なミュージシャンです。

ギターなどの弦楽器をメインに演奏しており、
斉藤和義さん、森山直太朗さんなど、
超有名アーティストとも一緒に演奏。
ライブにもよく出演されています。

お父さんはフォークシンガーの高田渡さん。

ちなみに高田さんは細野さんのツアーに、
ギターとして参加するなどつながりが深いです。

公式に発表されていませんが、
今回の楽曲のバックはギターがメイン。
高田さん本人の演奏ではないかと思われます。


(一番右の帽子の男性が高田さん)

いるよアニメーションは松本弘さん

そしてアニメーション制作は松本弘さん
こちらももちろん有名人。

映画やテレビ、CMのアニメーション、
CGを多数制作されています。

気づいていなくてもテレビや映画など、
目にしたことのある作品に、
松本さんの仕事が入っていた可能性は高いです。

おかあさんといっしょではこれまでに、
「まあるいせかい」「しゃぼんだまいっぱい」
を担当。
みんなのうたも制作されています。
映像は松本さんの公式サイトから見れます。
(→松本弘公式HP アニメーション動画

スポンサーリンク

いるよの歌詞は?おかあさんといっしょ

『いるよ』
作詞:谷川俊太郎
作曲:細野晴臣
編曲:高田漣

おほしさま いるよ
ひるまも いるよ
うちゅうの なかで
ちかちか してる
みえない けれど
おほしさま いるよ いるよ

おひさま いるよ
よるでも いるよ
とおくの くにの
こどもの うえに
みえない けれど
おひさま いるよ いるよ

ともだち いるよ
となりに いるよ
こっちを むいて
わらって いるよ
ほらほら ほらね
ともだち いるよ いるよ いるよ

楽曲は5月中は公式サイトから視聴できます。
(→NHK公式 こんげつのうた「いるよ」

まとめ

よくもまぁこんな豪華メンバーを…
NHKパワーを思い知りますね。

製作チームに目が行きがちですが、
楽曲もさすがの仕上がり。

毎日の放映が楽しみになりそうな歌です。

スポンサーリンク

おすすめの記事