NHK教育テレビのおかあさんといっしょ。
実は曜日によってコーナーが決まっています。

どういう法則になっているのでしょうか?
【早期購入特典あり】NHK「おかあさんといっしょ」最新ソングブック おまめ戦隊ビビンビ~ン(作ってあそぼう「おまめ戦隊ビビンビ~ン なりきりお面」付き) [DVD]

おかあさんといっしょの放送の法則は?

おかあさんは平日月曜〜土曜日に放送されています。

基本的には毎週新しい回が放送されますが、8月や12月、3月は再放送やスペシャルが放送されることが多いです。

ただし再放送する場合でも、月曜には月曜の再放送を流すなどきちんと配慮はされています。

おかいつのコーナーは何がある?

まず平日は必ず放送されるコーナーはこちらです。
・歌のコーナー(童謡、「月の歌」)
・ガラピコぷ〜
・ともだち8にん
・パント!
・ブンバ・ボーン!
・べるがなる

そのほかに、月曜から金曜は以下のように曜日ごとに決まったコーナーがあります。

【月曜】
・しりとりれっしゃ
・ムームーのいただきます
【火曜】
・すりかえかめん
・はみがきじょうずかな
【水曜】
・シルエットはかせ
・ぱじゃまでおじゃま
【木曜】
・ガラピコパズル
・チョロミーのいってきます
【金曜】
・やぎさんゆうびん
・ガラピコのたためるかな
【土曜】
・なんだっけ?!

スポンサーリンク

おかあさんといっしょのコーナーの内容は?

『しりとりれっしゃ』
あつこお姉さんが運転士、ゆういちろうお兄さんが車掌を務めます。
しりとりの順番で、子どもたちと一緒に列車に言葉を乗せていきます。

おしりが「ん」の言葉が入っていたり、最後の言葉とつながらない言葉があったり、トリッキーなところがあり、スタジオの子どもたちも夢中です。

『すりかえかめん』
よしお兄さんが「すりかえかめん」、りさお姉さんが「すりかえおじょう」を務めます。
最初に絵を見せて、踊っている間に絵の一部をすりかえてクイズにします。

一瞬しか絵を見せてくれないので、ときどき子どもがわからないことがあるので、すりかえかめんが必死にヒントをだしてくれます。

『シルエットはかせ』
ゆういちろうお兄さんがシルエットはかせに扮します。
何かを前、横、上から見たシルエットを順番に見せ、子どもたちに何の影かクイズをだします。

正解になると、かげ発生機に実物をいれてシルエットを映し、答え合わせをします。

『ガラピコパズル』
ガラピコとよしお兄さんのコーナーです。
ガラピコが子ども達のために絵を持ってきてくれるのですが、見せたときに絵がバラバラになってしまっています。

お兄さんといっしょにパズルのように絵を戻してあげます。

『やぎさんゆうびん』
ゆういちろうお兄さん、あつこお姉さんのお便りコーナーです。
黒ヤギさんと白ヤギさんが視聴者から届いた絵のお手紙を持ってきてくれます。

歌のリクエストがあれば一つだけ取り上げて、その歌を流してくれます。

『なんだっけ?!』
あつこお姉さんとゆういちろうお兄さんが担当。
欲しいものがあるのにどうしてもその名前を思い出せない。
そこでナーニくんに「こんなのだから持ってきて!」と頼みます。
ナーニくんは何度か間違えますが、ヒントを増やすと最後にはそれを持ってきてくれます。

まとめ

毎日見ていても飽きないように、番組は工夫されています。
見たい曜日を決めて見るのもいいですね。

これだけあれば子どももお気に入りのコーナーが見つけられそうですね。

スポンサーリンク

おすすめの記事